子育て転職サラリーマン神野純の育児パパや副業などの働き方についてのブログです。

子育て転職サラリーマン|神野純ブログ

副業・投資

賃貸併用住宅のススメ【不動産投資】

投稿日:

家と電卓

こんにちわ。子育て転職サラリーマンの神野純(@kamino)です。

不動産投資の種類を以下の記事で書きました。

不動産投資の種類と特徴

この記事の中で「一棟アパート・一棟マンション投資」の項目を記載しましたが、

その中でも「賃貸併用住宅」という異質な投資があります。

賃貸併用住宅とは

「1棟アパート・マンションの中の1室を自宅として利用すること」です。

普通の不動産投資であれば、自分のプライベートとの関わりはないですが、
賃貸併用住宅は自分がそこに住むのでプライベートと密接に関わってきます。

それを踏まえて、「賃貸併用住宅って何が良いの?」と思われる方向けに、

賃貸併用住宅のメリット・デメリットを書いていきます。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のメリットをいくつか挙げます。

賃貸併用住宅メリット①:住宅ローンが使える

不動産投資での物件は高額なので、融資を利用される方も多いです。

その際の融資は、事業ローンだったり、不動産投資のローンで、金利は住宅ローン金利に比べたら高いです。

賃貸併用住宅では、延床面積で半分以上が自宅であれば、住宅ローンで融資してくれる銀行があります。

不動産投資の金利は、属性や保有資産にもよりますが、概ね2~4%程度の金利です。

それに比べて、住宅ローンは固定金利でも1%ぐらいの金利なので、1~2%金利がお得になります。

また、現状は住宅ローン減税などの軽減税率も適用されるので、住宅ローンが利用できるというのは、

不動産投資においては、アドバンテージとなります。

賃貸併用住宅メリット②:自宅の家賃が0円になる

よく自宅は購入すべきか、賃貸にすべきかという議論があります。

リスクはゼロではないですが、その両方より良い選択が賃貸併用住宅です。

なぜなら賃貸併用であれば、家賃は0円で、最終的には自分の持ち物になるからです。

家賃が0円は、やり方次第なので、むしろ収入となる可能性もありますし、

毎月数万円支払う可能性もあります。

とはいえ、毎月数万円を支払うぐらいであれば、普通に自宅を購入するローン支払いよりも安く済むはずです。

また、以下のツイートでも呟きましたが、

上手く運営できず、半分空室になっても、家賃が半額になっても、

普通に自宅を購入した場合のローン支払いの金額とあまり変わらないぐらいかと思います。

自宅を買ったと思えば、失敗と捉えなくてすみますので、考え方次第ではリスクは低い投資だと思います。

賃貸併用住宅デメリット①:自宅の場所が自由に選べない

賃貸併用住宅は、不動産投資の側面があります。

つまり、賃貸需要がある場所にアパートもしくはマンションを建てないといけません。

もし、賃貸需要がすくない田舎に家を建てたいと考えるのであれば、賃貸併用住宅はしない方がいいでしょう。

賃貸需要がある場所と、自分が住みたい場所が一致していれば、賃貸併用住宅を建てる場所として適してます。

賃貸併用住宅デメリット②:入居者と同じ建物に住むことになる

部屋を貸した入居者の方と同じ建物に住むことになります。

昔は大家といえば、強気なイメージがあるかもしれませんが、

部屋を貸しているサービス業で入居者様はお客様です。

入居者様に迷惑にならないように、騒音をださないようにするなど、色々と気にした方がいいことがあります。

とはいえ、マンションを購入する場合でも同じようなことが言えるので、大きなデメリットではないと個人的には考えてます。

-副業・投資

Copyright© 子育て転職サラリーマン|神野純ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.